50代女性用育毛剤

50代女性用育毛剤の選び方、どれが良いのか口コミ・効果をレビュー

男性と薄毛や抜け毛のメカニズムが違うと言われますが、ホルモンバランスが崩れたりという原因も、確かに存在しています。

ただ、本当に発毛や育毛成分として、世界的に認められてるのは、ほんの少ししかありません。50代女性用育毛剤の選び方として、まずここを理解しましょう。

それが、アメリカ食品医薬品局FDAも認める、本物の成分ミノキシジルです。
※FDAとは、医薬の販売許可や安全性等を調べる機関の事

血管拡張作用があり、全身の血流がスムーズになる為、高血圧の患者の血圧を低下させる成分として使われ、使用した患者から毛が濃くなる、増えるという報告から使われるようになった成分です。

第1類医薬品の為に、日本で唯一薬事法上・発毛剤と謳う事が認められている、有名な大正製薬リアップの最大の特徴は、FDAも認める成分ミノキシジルを配合する事。

つまり、世界も認める育毛成分ミノキシジルを配合していないものは、50代女性用育毛剤として、単なる誤魔化しという事。

50代女性用育毛剤の選び方、本当に良いのはどれ?

配合していない理由は簡単で、非常に高価な事に加え、原料が入手しづらく(一部に買い占めをされてる為)、安定供給が非常に困難だからです。

そして、配合する事が出来ない育毛剤メーカーは、苦し紛れにミノキシジルには副作用があるから危険等と言い、別のこの成分が良いですよと、アピールしています。

副作用については、因果関係が立証されていない為、真実ではありませんが、濃度によりパワーが変わる為、一応副作用を考慮に入れ、配合量が決められています。

海外では20%配合等が存在していますが、日本では5%までと決まっています。この為、大正製薬のリアップは、5%配合。

ですが、副作用部分を取り除いた、より高価な成分はビディオキシジルと呼ばれ、これを5%ずつ配合し、50代女性用育毛剤よりも、毎日忘れずに使う事が出来る優れたアイテムがあります