ウィリアヒルでサッカーに賭けて、本当に安全なの?

1934年に設立、つまりもう80年近くの歴史を誇っています。

2002年に、ロンドン証券取引所(WMH.L)へ上場

ロンドン証券取引所へ上場してるほど、英国では誰もが知る存在の老舗。

店舗も非常に多く、ヨーロッパ中に2,000店舗以上。従業員も1,7000人を越える、巨大企業です。

こんな感じで街中にあります(Googleストリートビューより)

ジブラルタル政府より、カジノライセンスを発行されています。オンラインカジノも同時に展開中。

ここまで読めば、運営企業としての信頼性は、問題無いかと思います。サポートも日本語で丁寧な対応をしてくれる為、分からない事は日本語で質問可能。

肝心なのは、ウィリアヒルでサッカーに賭けて、日本の法律に触れないの?という部分ですよね?

グレーゾーン等という人もいますが、2つの要素から、今のところ安全です(笑)

1、賭博罪の不成立

日本の賭博罪の適用要件が「運営者と参加者(プレイヤー)が、両方とも国内に揃っている事」になっている為、イングランドに拠点を置くウィリアムヒルでプレイしても、法律適用条件を満たさない為、違法になりようがありません

なのに何故、多くの方か違法じゃない?と、思ってしまうのでしょうか?

それは、公営ギャンブルの利権を守りたい人達が、メディアを使って悪者に仕立て上げているからです。

やってる事は競馬と同じなのに・・・(苦笑)

2、日本と英国政府の力関係

現在でもヨーロッパ貴族の力は絶大で、英国は大きな力を持っています。その国に拠点を置く巨大企業が運営してる、巨大市場であるスポーツベットへ、海外から集まる資金の流れを、止めさせるはずがありません。

カジノ運営企業の影響力は、想像をはるかに超えるほど大きいので、日本政府が取り締まり等をやった場合、どうなるか分かりますよね?

こういった経済・政治上の力関係が分かっていれば、違法扱いをされるはずが無い事も、容易に想像がつきます。

安心して、ウィリアヒルでブラジルワールドカップを楽しみましょう!

  • おすすめブックメーカー

  • 最新のw杯

  • 過去のW杯